大嫌いだった不動産屋ですけど案外良いものですよ。

  • 2017.09.25 Monday
  • 23:40

私の仕事選びの根拠としては・・・・まず・・

/佑亡遒个譟感謝される仕事。

努力すればするほど、結果として現れる仕事。

E慘呂垢譴个修譴覆蠅亮入となり、やりがいのある仕事。

た佑箸靴特僂困しくない仕事。

ズ个いっても続けられる仕事。

Δ修靴涜莪譴房分が好きになれる仕事。

О堕蠅靴浸纏として将来、社長になり、自分の趣味を楽しめるようになりたい。

・・・・・・・・・・・・・

以上が私の仕事の目標でしたね〜・・・・

 

人は、大きく分けて3種類の人間がいると言う。

自分がその種類のどの分野にあてはまるか、見極めないと必ず失敗します。

人間社会には、川のように流れがあります。

その流れに乗って泳げば、楽に前に進むことが出来ますが、流れに逆らって泳げば

いくら努力しても、疲れるだけで前に進まないのです。

 

その3種類とは・・・・

〔1〕人の上に立ち、責任を持たされるのが嫌な人、冒険が嫌いな人。

  出来れば時間から時間まで働き、週休2日で安定した収入を貰い、将来が安心なら

  収入は少なくとも、その範囲内で人生を楽しむことが出来る人。

  (主にサラリーマン、工員、公務員など・・)

 

〔2〕人に使われるのが嫌いな人、絶対人の上に立ちたい人、冒険が好きな人。

  自分より劣る人に使われたくない、責任のある仕事をし、リーダーとして自分の力を

  発揮したい人。冒険のリスクも承知、やりたいことは実行し、自分の力を試したい人。

  決められたレールの上を走りたくない人、自分の道は自分で切り開く冒険家。

  (主に実業家、サラリーマンとしても絶対リーダーになる人)

 

〔3〕人を使うのも嫌、使われるのも嫌な人、自分のマイペースで生きたい人。

  自由が好きで、何事にも束縛されたくない人、自分だけの世界で生きたい人。

  (主に芸術家タイプ。画家、作家、音楽家、工芸家、フリーターなど・・)

 

細かく分ければもっとあるでしょうが、大まかに大きく分けると、これ位だと思います。

人間の持って生まれた性格は、ほぼ一生変わりません(運命なのです)

自分がどのタイプにあてはまるか、良く見極めて仕事選びをしないと、川の流れに逆らって泳ぐ

ことになるので、いつかは挫折したり、後悔をします。

主に男の場合ですけど・・・

女性は結婚すれば男次第で運命が変わるし、選んだ人の縁の下の力持ちとして、夫をカバー

し、ボクシングのセコンド的な存在が良妻だと言われていますが、女性でも男性の代わりを

することも出来ます。

 

転々と仕事が向いてないと変わる人は多分、川の流れに逆らって泳いでいるからだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の性格は2番タイプの人間なのですが、3番の要素も多少あり、最初選んだ仕事は料理人。

 銑Г泙覗瓦討あてはまり、これが自分の天職に違いないと、川の流れに沿い、オーナーとして

商売を始め、順風満帆でしたが、あまりの忙しさに、ほとんど寝る間がなく、睡眠時間は(忙しい時は

一週間で8時間ほど)体を壊し、こんなはずじゃ〜なかったと後悔し、お金の問題じゃない

もっと自由に趣味を楽しめる時間が欲しい。(趣味が沢山あって、全ての趣味を犠牲にしていたので)

これからは、技術より、学歴より、資格だと、そこそこ難しいと言われる宅地建物取引主任の資格を取り、

開業して32年、なんとか現在に至っているのですが・・・

 

そもそも不動産業という職業は私が一番嫌いな職種で、どちらかと言えば軽蔑する職種でした。

何故かと言うと、私も昔不動産屋と言う人を色メガネで見ていたので、人をだます仕事、詐欺師か不動産屋

くらいに思っていたのですよ(笑)。

元々人をだまして恨まれるより、だまされた方がましと思っていたので、こんな仕事出来るかな〜と

恐る恐る始めたのですが、不動産業の内容は濃く、真面目にやれば本当に感謝される仕事なのです。

 

確かに、先輩不動産業者には、色々と変な輩もいましたが(笑)

自分は自分のやり方でやると心に決め、自分流のやり方で32年も経ちました。

色々なトラブルにも遭遇し、どんな難問も逃げずに全て解決して来ましたので、仕事に関しては

そこそこのスキルを持っているので自信もあります。

振り返れば、失敗も沢山あります、失敗は成功の元、失敗しないと覚えないのです。

「亀の甲より年の功」色んな経験が大事だと思いますね〜・・・

 

私の趣味のブログで「神社巡り」を書いているブログがあります「コマツ住宅の気ままにブログ」です。

神様をたどって神社巡りを続けていると、今自分が進むべき道がハッキリ分かってきました。

人に恨まれたり、妬まれたりしたら絶対ダメなのです。

不動業は、要領よく金儲け主義に徹底して上手に達振る舞えば、そこそこは稼げます。

その儲けた金で、高級外車に乗り、キンキラの物を身につけて、立派な家に住むことも出来るでしょう。

それなりのスキルも必要ですけど・・・・

だから、不動産屋と言えば色メガネで見られるのです。

 

私は「世界で最も貧しい大統領」として有名だった元、ウルグアイのムヒカ大統領を尊敬しています。

給料の90%以上を貧しい人たちに寄付して、自分は質素な生活をしています。

本当に頭が下がります・・・

日本にもこのような政治家がいたら良いですけどね〜・・・

 

昔はいましたね、土光敏夫さんです。

めざしの土光さんと呼ばれ、質素な食べ物と生活で有名でしたね〜(尊敬していました)

経団連会長を務めた明治生まれの土光敏夫さんミスター合理化とも呼ばれ・・・

増税無き財政再建を訴え続け、社長時代も年収5000万円でも生活費は3万円で事足りると・・・

 

ムヒカ大統領も、政治家は名誉の為に働くべきであり、金儲けをしてはいけないと・・・

国民の平均所得以上を望んではいけない。と、収入のほとんどを寄付するそうです。

自分では貧乏とは思っていない。本当に「貧しい人」は、ぜい沢な暮らしを保つためだけに、

働く人だ。そして常に何でもを欲しがる。「もっと! もっと!」と。

多くの財産を持たない人は、財産を維持するために奴隷のように働き続ける必要がない。

財産はなくても、自分のための時間がある。これは誰にでもできる自由な選択だ」

と、言っているのです。

ほてい様の境地まで、到達された方ですね・・・

ムヒカ元大統領(ウルグアイ)   いい顔をしていますね。

 

 

 

ほてい様と共通点がありそうです。(尊敬する布袋様とムヒカ元大統領)

 

私はまだまだ未熟者で、そこまで到達してないですけど、一応目標にしています。

必要以上に欲しがらなければ、確かに気が楽ですね〜・・・

 

私は神様と「うけひ」をしています。(神様との契約です)

その「うけひ」とは、世の為、人の為に働きますので、人並みの生活が出来ますようにと・・・

そして、いつまでも健康で神社巡りが出来ますようにと、お願いしています。

 

もう定年の歳なので、今では趣味の範囲内で居酒屋を経営し、少々酒をたしなみながら、気楽に

片意地張らずに、健康に気をつけながら人生を楽しんでおります。(^o^)

 

不動産業という職種は色んな人種の方と出会う機会があります。

政治家、教師、医者、ヤクザ、警察、フリーター、生活保護者、社長、DVで逃げている人、詐欺師

宗教家、今にも自殺しそうな人、精神患者、同性愛者、若い実業家、借金苦の人、楽天家の人、

太った人、痩せた人、楽しい新婚さん、夢も希望もない人、生きているだけの人・・・等々

 

色んな人たちとの出会い。本当に不動産業は面白く楽しく、やりがいのある仕事です。

まあ、私のような不動産屋は珍しいと思いますけどね〜・・・・(笑)

 

人それぞれで、自分の希望や幸せの求め方は百人百様なので、私の考え方が正しいとは言いません。

今の常識で言えば、多分間違っていると思います。

 

一番好きなことを趣味にして仕事にしてはいけない。

2番目か3番目に好きなことを仕事にした方が良いと言います。

確かにその通りで、私も神社巡りが仕事ならつまらなくなるでしょうね〜(笑)

 

私は不動産業の仕事は3番目に好きなことになります。

2番目ですか?

・・・それは秘密です(笑)

 

では又・・・管理人。

 ワンクリックお願いします。m(_ _)m


 

宜しかったら、下のコメントに一言お願いします。↓

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

ワンクリックお願いします。

ワンクリックお願いします。

こちらもクリックお願いします

押せば良いことあるかな?

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM