標高と海抜の違いは?

  • 2017.12.27 Wednesday
  • 14:54

お客様によくここは、海抜何メートルですか?と聞かれる事があり、先日は標高何メートルですか?

と聞かれ、又、標高と海抜の違いは何ですか?と聞かれたので、・・え??

多分同じようなものではないでしょうかねぇ〜と云ってしまったのですけど・・・

確かに標高と海抜の違いはあるはずだと調べたのが、標高は東京湾の平均海面を基準とした高さで

海抜とは、近隣の平均海面を基準とした高さなのでした。

慣習的には、主に標高とは平均海面からの山の高さを云い、海抜とは近隣の平均海面からの陸の高さ

を云うようです。

海抜0mと言っても、標高0mとは云いませんものね〜

高知市の中心部は低く海抜0m〜3m地帯が多いように思います。

勿論、海抜の高いところも沢山あるのですけど、東日本大震災の時のように大津波が来たらどうで

しょうか?

例えばM9の地震が起きた場合、日本全国何処でも必ずと言ってよいほど津波が想定されます。

東日本大震災の津波を参考にすれば・・・

富岡町で21.1mまで来ています。

安全な海抜はと言えば標高30m以上はないと心配ですね。

日本全国の海抜を調べる地図は↓が便利です。

http://maps.gsi.go.jp/#17/33.571476/133.507694/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f1

高知市内は海抜0m〜3m位が多く、津波をとても警戒しなければならない所なのです。

現在沿岸19市町村のうち16市町村に避難タワーが100基あるのですが、2018年度中に

15期増やし115期になる予定だとか・・・・

1番危険地帯と言われる黒潮町なのですが、高さ14mです。

しかしこのようなもので大丈夫でしょうかねぇ〜・・・・

このような津波が来た場合、ひとたまりもないように思いますけどね〜・・・

 

黒潮町佐賀にある日本一の高さを誇る避難タワー(22m)ですが・・・

このような想定外の津波が来た場合は、ひとたまりもないでしょうね〜・・・

天災は人間の力では防ぐことが出来ず、安全な場所にスムーズに逃げる避難訓練をした方が

良いと思いますけど・・・

 

高知市の約1000年前の想像図ですが、一宮神社の側に船着き場があったそうだから、ほぼ

このような地形だったでしょうね。

私は、仁井田出身なのですが子供の頃、近くのおじいさんが、仁井田の土地は高知城の

天守閣と同じくらいの高さがあると聞いたことがあります。

津波は怖いですよね〜・・・でもいつかは必ず来ると思って生活しないと。。。

昔と違い、津波情報は早いですので、安全な場所にスムーズに避難することが大事だと

思います。

では又・・・・管理人。

 

下をよろしくお願いします。


人気ブログランキング

 

下をクリックするとコマツ住宅の気ままにブログに飛びます。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

ワンクリックお願いします。

ワンクリックお願いします。

こちらもクリックお願いします

押せば良いことあるかな?

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM